会社内でエンゲージメント調査を実施【社員のやる気を向上】

人材流出を防ぐ新たな手法

PC

キャリアアップを目的とする転職が活発化している中、人材流出に悩む企業の間でエンゲージメントが注目を集めています。優秀な人材の流出を食い止めるには、会社への帰属意識や愛着を意味するエンゲージメントの強化が欠かせません。エンゲージメントサーベイの結果を検討会に生かせば、離職率の低下に結び付けられます。

詳しく見る

会社と社員の信頼感を確立

パソコン操作

会社にとって大事なのは従業員の仕事へのモチベーションです。それが下がると業績も悪化します。モチベーションを上げるために必要なのが会社と従業員のエンゲージメントです。お互いへの信頼と尊敬です。エンゲージメントの高い社員は会社の仕事にプライドを持ちます。社内のコミュニケーションを良くするのも大切です。

詳しく見る

良い関係を築くために

男女

個人と企業を結ぶエンゲージメントは人との繋がりをもっと綿密にするために重要です。業務の効率を上げるための大切な役割を果たしているのです。また、顧客とやり取りもスムーズになり、更なる品質向上が期待できるでしょう。

詳しく見る

意識改革で企業成長させる

オフィス

企業成長において必要な従業員とのエンゲージメント。これを高めるには、従業員の頑張り(プロセス)が認められること、失敗しても建設的に考える姿勢や喜びの共有などがポイントとしてあげられます。これらを実行するには、まずは雇用主・上司自らの意識改革が大事なのです。

詳しく見る

社内改革をしよう

ビジネス

従業員のエンゲージメントを高めるために、会社ではいろいろと工夫をすることがあります。例えば、従業員満足度をリサーチしたり、社内研修制度を設けたりといったことなどです。これらを行う際、外部に協力してもらうこともあります。

詳しく見る

社員のやる気を計る指数

シルエット

やる気向上で業績アップ

少子高齢化が進む日本にあって労働力の減少は避けられない課題であり、企業が持続的に成長を続けるためには労働生産性をいかに高めるかが大きなテーマとなっています。労働生産性を高める代表的な方法は技術革新ですが、そのためには大きな投資が必要となり、しかも確実に技術が得られるかは分からないため経営に余力がない場合には実行することが困難です。もう一つの方法が従業員が企業のミッションを正確に理解し共感することによって積極的に業務に貢献しようとするようになることで、これは近年エンゲージメントという言葉で呼ばれています。エンゲージメントという単語自体は、約束や結びつきという意味ですが、企業と従業員との関係を強化することによって従業員一人ひとりの業務効率を向上させるため指標にもなります。このエンゲージメントを強化するために企業が取り組むべきこととしては、例えば会社の目的を「見える化」するということが考えられます。キャラクターを起用したり、スローガンを作成するというのが最も分かりやすい手段ですが、それ以外にもミッションステートメントを作ったり、社内イベントを開催するなど様々な工夫の余地があります。また、従業員にとってやりがいを感じられるのは、自分の行った業務が正当な評価を受けるときですので、その基となる業績評価制度も重要な要素です。上司一人だけでは評価に偏りが出ることが想定されますので、複数の目で評価するといったことが必要となるでしょう。これからの経営者には、従業員のエンゲージメント向上による業績アップが求められることになるかもしれません。また、社員間でファイルのやり取りを行なう場合はファイル共有システムを駆使しましょう。ファイル共有システムはファイルのやり取りをただ行なえるというわけではなく、ワークフロー機能が付いているシステムもあるため利便性に優れていると言えるでしょう。自社に合ったシステムを選択し、導入することによって業務を滞りなく行っていくことができると言えます。