会社内でエンゲージメント調査を実施【社員のやる気を向上】

会社と社員の信頼感を確立

パソコン操作

仕事にプライドを持たせる

会社にとって従業員は宝物です。従業員のモチベーションによって業績は左右されるからです。そのモチベーションを保つために必要なのがエンゲージメントです。これは会社と従業員がより良い関係になって、お互いに信頼感を持つ状況のことです。会社は従業員を信頼し、従業員は自分の仕事にプライドを持つのです。このようなエンゲージメントを成立させるためには、専門の業者に社員アンケートを作成してもらいます。アンケート調査の結果から従業員の不満や希望を把握し、それを解消するために会社は努力するのです。それによってエンゲージメントが確率できるのです。エンゲージメントのために効果的なのがメンタルヘルスです。口先だけの愛社精神は誰でも持てますが、心からの愛社精神には従業員1人ひとりのメンタルヘルスが大きく影響します。会社の幹部は業績が悪化してきたらエンゲージメントの低下を疑い、その原因を探り、回復させるためにはメンタルヘルスに力を入れる必要があります。それと同時に会社が行わなければならないのは、働き方改革です。例えば経営と現場が一体化するような労働環境にする必要があります。若い社員は自分の利益や目的追求を考える傾向にあるので、会社の仕事が社会的な意義のあるものだという教育が必要です。ベテラン社員と若者でチームワークを作って仕事をするだけで、エンゲージメントは上がります。会社の中のコミュニケーションがうまいっていると、社員のエンゲージメントも確立されるのです。